ママ・パパになる心構えって?

ママ・パパになる心構えって?

新しい家族を迎える…お腹の中にいる赤ちゃんがもうすぐ生まれてきてくれる…そんな状況のときは、ママもパパも嬉しさや楽しみを感じながら、本当にちゃんと育てることができるのだろうか、なんて不安を感じながら過ごしていると思います。ちゃんと妊娠中に心構えをしておくことで、実際に赤ちゃんが生まれてきたときには、何倍もの喜びを感じることができるでしょう。

 

では、妊娠中にしておきたい、ママとパパの心構えについて考えてみましょう。

 

妊娠の奇跡を知っておく

 

赤ちゃんを授かることは、そう簡単なことではありません。人によってはすぐに赤ちゃんを授かることができた人もいるでしょうが、長く不妊治療を続けて、やっと授かった人もいるでしょう。そもそも、赤ちゃんを授かること自体が奇跡である、と知っておきましょう。そう考えると、授かって無事に育ち、出産を迎えることすべてが奇跡で、生まれてきた命を大切に育てなくては…と親としての自覚や責任が芽生えてくると思います。

 

親になるのは大変、それが当たり前

 

赤ちゃんが生まれてきてくれたら、その日から育児は始まります。特に最初に数ヶ月は、24時間つきっきりになります。今までの生活が一気に変わるのですが、これは決してマイナスの方向に考えてはいけません。確かに睡眠不足になったり生活のリズムが乱されて辛いかもしれませんが、成長するにしたがって赤ちゃんも手がかからなくなります。もちろん、大きくなればその分違う苦労は増えてしまいますが、それでも我が子の成長は嬉しいものですよね。

 

親になるのは大変なのが当たり前、それをいかに楽しめるか、それはママ・パパとして、出産前から覚悟しておきたいことです。

 

先輩からの意見を聞いておく

 

出産前にしておきたいのは、子育てについての情報収集です。やはりわからないことは先輩ママや先輩パパに聞くのが一番です。初めての育児では戸惑ってしまうこともありますし、慌ててしまうこともあります。でも、先輩からの意見を聞いておけば、いざというときに焦らず対応できるでしょう。

 

出産すると外出もしづらくなりますし、なかなか話を聞けなくなります。出産前に話を聞いておけば、育児ってこんなものなんだ…というイメージもわき、心にゆとりを持って育児ができると思います。

 

妊娠中にママ・パパとしての心構えをしておけば、不安は小さくなって楽しみな気持ちが高まっていきます。赤ちゃんを迎えるための準備は、ベビー用品を揃えたり、産後の手続きがすぐできるように手配するだけではありません。心の準備もしっかりとしておきましょう。