妊娠中の栄養摂取

妊娠中の栄養摂取

妊娠すると、自分一人の身体ではなくなり、栄養バランスも考えなくてはいけません。自分の身体だけではなく、お腹の中で成長する赤ちゃんにも、食事が大きな栄養を与えているのです。赤ちゃんはママからもらった栄養しか摂取することができません。妊娠中の栄養摂取はどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

妊娠中に絶対必要な葉酸

 

妊娠中に必要とされている栄養素が、葉酸です。葉酸は緑黄色野菜に含まれる栄養素で、ビタミンB群の一部です。細胞を生産するために必要な栄養素とされており、赤ちゃんがお腹の中で細胞分裂を繰り返し成長するためにも、必ず必要となります。また、脳や神経の発育にも影響があります。葉酸は妊娠初期で細胞分裂が盛んにおこなわれる時期に、特に必要といわれています。妊娠したらすぐにでも、葉酸を摂取したいですね。まだ自覚症状がない時期にも葉酸は摂取しておくといい、といわれているため、妊娠を望んでいる人は妊娠前から葉酸を補っておくといいでしょう。

 

鉄分はたっぷり補給

 

葉酸と同じように、細胞分裂を促す働きを担っているのが、亜鉛です。亜鉛には免疫力を高める効果も期待でき、ママの免疫力低下を予防することができます。また妊娠中は鉄分が不足する人が増えます。赤ちゃんに鉄分が運ばれていくので、妊娠中は貧血になりやすい時期です。貧血は胎児への酸素不足となってしまう恐れがあるため、摂取しておきましょう。

 

食べ過ぎではなく、バランスのいい食事を

 

妊娠したら2人分食べればいい、というわけではありません。量ばかり増やして、食事の質が変わっていなければ、ただの食べ過ぎになってしまいます。妊娠中は量を増やすのではなく、質を高めて栄養価を増やしていきましょう。自然と食べる量は増えると思いますが、体重の増えすぎも怖いので、ちゃんと自分で体重を管理して、栄養バランスがとれた食事を摂取したいですね。

 

つわりで食べられないときは無理しない

 

妊娠初期は赤ちゃんの為に栄養をとらなくては…と思う反面、どうしてもつわりで食べられないときがあります。そういうときは無理をする必要はありません。食べられないことに焦ってストレスを感じてしまうと、赤ちゃんに悪影響です。

 

つわりのときは口にできるものを食べて、水分補給は忘れないように心がけましょう。

 

サプリメントも上手に活用

 

妊娠中でも飲めるサプリメントが発売されています。普段の食事では補いきれない栄養素は、サプリメントを活用してみてはどうでしょうか。食事だけで補わなくてもいい、と考えれば気が楽になります。もちろん安全性はしっかりと確かめて選び、医師に相談してサプリメントの摂取をはじめましょう。