妊娠中期に起こる身体の変化

妊娠中期に起こる身体の変化

妊娠5ヶ月目から、妊娠7ヶ月目までが妊娠中期です。妊娠初期に悩んでいたつわりや、身体に起こる急激な変化を乗り越えて、安定期と呼ばれる時期に入っていきます。お腹も目立つようになってくるので、妊婦生活にも慣れてくるころです。

 

では妊娠中期にはどのような身体の変化が起こるでしょうか。

 

胎動を感じるようになる

 

妊娠中期に入ると、お腹の中の赤ちゃんから胎動を感じるようになります。5ヶ月目から感じる人もいますが、大体妊娠6ヶ月ごろから本格的に胎動を感じられます。

 

胎動にも、いろいろな種類があります。かなり激しい胎動を感じる場合もあれば、何だかお腹の中でゴロゴロしているような気がするなぁ…という感じ方かもしれません。胎動が強い、弱い、遅い、早いなどは個人差があるので、あまり心配しなくてもいいでしょう。ただし、胎動を全く感じる気配がない、というときは医師に相談してみてください。検査などで調べてもらえます。

 

むくみを感じやすい

 

女性は元々むくみを感じやすい人が多いです。妊娠するとさらにその割合は増えます。むくみやすい原因は、赤ちゃんが育つために血液量が増えることにあります。血液量が増えると、身体の中にある水分も同時に増えていきます。そのため、むくみやすくなったと感じるでしょう。

 

妊娠中期は身体を動かして運動してもいいころなので、無理のない程度にウォーキングなどで身体を動かしてみましょう。水中ウォーキングなどでもいいですね。また、塩分の摂りすぎを控え、むくみにくい体質へ変えていけると楽になります。

 

体重が増える

 

妊娠中期から、つわりから卒業して食欲がわいてくることから、体重が増えやすくなります。もちろん赤ちゃんが成長するのでその分の体重も増えてしまうのですが、つわりがなくなったことで食べ過ぎる人が多いのも事実です。

 

赤ちゃんのために2人分食べる、という時代は終わり、今では体重管理に気を付けるべきと医師も必ずいいます。元々の体型にもよりますが、多くても10キロぐらい、少なくて5キロぐらいまでしか増やしてはいけない、といわれます。体重管理はしっかりしておかないと、出産する前の高血圧や糖尿病も怖いです。ママや赤ちゃんの命にかかわってしまう病気です。カロリー摂取を控えるといっても、食事の量を減らして栄養不足になってはいけないので、ヘルシーで栄養がしっかりとあるものを選んでください。カロリーを摂りすぎないよう、気を付けて食事を摂りましょう。